知ってて良かった働き方革命

成功しようと思ったら、自らだけしか見えていない、周囲の人間なんか見えないと言うようではダメです。他人を尊重する事の肝心性はドラッカーの本でも何度と繰り返して出てきているようにこの上なく大事な事なのですね。

 

自らがこの時でするべき事とは何なのかを見極めて無意味な事をせずに値打ちのある時の使い方をするのが成功への近道なのです。それは、自身がこの企業で成績1になってやるんだ!という身勝手な目標のために頑張るというものではなく、自らの働きで周囲の環境をより良好ものにやりたい、という広大視野が業務には必須です。

 

よりパフォーマンス良く、成果的な時の使い方をしてこそ自身の最高のアビリティーを発揮可能なのですね。これが成功者とそうでない者を区分ているのではないでしょうか?ドラッカーは「汝の時を知れ」で時のマネジメントについても記しています、如何なる風に時をマネジメントして申し分のない結果を残すのか、そう、一通りは時の使い方から始まっているのです。