知ってて良かった働き方革命

これは軍事上では自然の事で赤穂浪士も討ち入りの場合にはいつも3人1組で1人を相手にしていました。短期から長期の共有大きく上乗せの目標を定める時には射程圏内、外かを見極めて逆転できそうなのか、理不尽が有るのかしかも、下位には追い付かれないかこれらを的確に理解する事が大事ですね。

 

2社間競合のケース、敵の3倍差をつければ勝ち負けが明確すると言う事になります。配慮しなくてはならないのがこれはあくまでもランチェスター第一法則適用下の時だけに当てはまり、全国、地域の占有率などでは第二法則適用となって2乗して3倍になるルート3倍が射程距離となり、約1.7倍、5:3の比率が中正です。

 

その比2.83≒3倍。例を挙げると、自社は2位20%で1位が30%だとします、そうなると自社の相対占有率は0.67(30分の20)と言う風になりますが、この様な時は如何にでしょうか?自社1位20%、2位15%、これだと1.33(15分の20)と言う相対占有率になります、今後分かる事は、20%には変化し無くてもライバルが何%かで力係りは違ってしまい、言うまでもなく戦略も同じという訳には行きません。

 

「相対市場占有率」コンセプトはランチェスター戦略ではない占有率理論で役立ちます、これは自社とナンバーワンのライバルとの比率を表しています。三:一の法則(射程距離理論ともいう)というものが競合企業と自社の差を知るメソッドとしてありますが、上限目標値73.9%と下限目標値26.1%を足すと100%。